引きこもりは、若者だけじゃない

つい最近新聞で、引きこもりが高齢化しているという記事を見ました。
定年退職したあと、引きこもりになってしまったケースが紹介されていました。
これまで仕事一筋だった人が、なるようなことを書いてあったと思います。
仕事ばっかりしてたまの休みは、より良い仕事をするために使うという、まさに仕事のためだけに生きてきた人たちですね。
やはり趣味を見つけて気の合う仲間と・・・と書くのは簡単ですが、気の合う仲間なんてそう簡単に見つけられるわけでもありませんよね。
やはり現実は、なかなか難しいと思います。
だからここは考え方を変えて、気の合う仲間なんていなくてもいいじゃないですか。
とりあえず一人でもいいからその辺を散歩するとか、ペットを飼ってみるのもいいと思います。
“おひとり様”という言葉もよく耳にしますし、ひとりカラオケなんてめちゃめちゃ楽しいですよ。
しかし、大人はそれでいいですが、10代の子どもにはやっぱり大人の助けが必要になってくると思います。
引きこもりの支援をしてくれる団体「認定NPO法人ニュースタート事務局」では、引きこもりになっている子どもさんを、無事学校や社会に復帰できるように様々な取り組みをしてくれています。
相談は無料となっていますので、子どもさんのことで悩んでいる方は一度相談してみて下さい。