ブルーレイで作成しないと味わえない味があるから、ハードルにも挑みたくなる?!

ブルーレイで作成することで、またいくつかの味を違えたものが作れるようです。
そう、ブルーレイを再生して初めに見るトップからしていいものが生まれるといえます。
やはり、DVDではなくブルーレイだからできるものもあるからなのでしょう。
ブルーレイというと、画像の鮮明さなんかもあるので確かに見え方が変わりそうです。
また、画像はもちろんのこと、ブルーレイには音の鮮明さもありそうな気がします。
ちょっと立体的に見たい絵など、ブルーレイでは作成できてしまうのかもしれません。
ただ、そんなブルーレイには、費用というハードルがつきものでもありそうです。
ピコハウスでも、DVDに比べるとまだまだブルーレイのほうが新しいほうに分類されているでしょう。
それでも数十年余りですから、だいぶハードルは低くなってきているとも思えます。
また、撮影する機器こそ限られているのですが、サービスとしてはDVDとほとんど変わりないです。
ちょっとコストを上げてもいいのであれば、ブルーレイで作成するほうがより完成度はいいのかもしれません。
ゲームなんかでも最近はブルーレイでほとんど作成されたりしていることがほとんどですもの。